ここっちライフ

風水と片づけでスッキリライフ

Category
並べ替え
二十四節気「小満」蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)紅花栄(べにばなさかう)麦秋至(むぎのときいたる)
本格的な梅雨入りを前のぐずついた空模様が続き「走り梅雨」と呼ばれる天候の頃ですが、今年の梅雨入りはいつごろになるでしょうね。 二十四節気「小満(しょうまん)」 立夏から数えて15日目、「陽気盛んにして万物しだいに長じて満つる」という意味で、...
紫蘭
北海道ではようやく桜が満開、沖縄地方ではもうすぐ梅雨時期を迎える時期 二十四節気「立夏」 「立夏(りっか)」暦の上では夏の始まりです。春分と夏至の中間、新緑がきらめきさわやかな初夏を感じられる時期です。また、立夏の頃は気温が高くても湿度が低...
二十四節気「穀雨」七十二候「葭始生(あしはじめてしょうず)」「霜止出苗(しもやみてなえいずる)」
田んぼにはそろそろ水が張られ、ツバメもよく見かけるようになってくる季節 二十四節気「穀雨」 「穀雨」とは、「雨降って百穀を潤す」という言葉が語源とされ、穀物を潤す雨という意味です。穀雨の頃には南から水蒸気を多く含んだ空気が流れ込むようになり...
すがすがしい青空
木々の緑も目に優しく、空を見上げるのがうれしくなる季節。 二十四節気「清明」 清明(せいめい)とは万物が清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔(しょうじょうめいけつ)」という言葉を訳したものです。花が咲き、空は青く澄み渡り、すべてのも...
二十四節気「春分」雀始巣(すずめはじめてすくう)桜始開(さくらはじめてひらく)雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)
「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、ようやく寒さも落ち着き穏やかな日差しに過ごしやすさを感じる季節になってきました。昔の農家の方は春分を目安に種などをまいたと言われています。 二十四節気「春分」 春分は太陽が真東から昇り真西に沈むため、...
庭に咲いたストックの花
三寒四温を繰り返し、だんだん春に向かい大地が暖まり冬眠していた虫が、目を覚し活動を始める頃という意味の啓蟄。啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味です。虫も人もウキウキする春、元気に過ごすための旬の食材や七十二候を紹...
二十四節気「雨水」七十二候土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)霞始靆(かすみはじめてたなびく)草木萠動(そうもくめばえいずる)
二十四節気「雨水」 雨水(うすい)は、「二十四節気」の2番目の節気。立春から2週間過ぎて「降る雪が雨に変わり、雪解けが始まる時期」という意味。雪解け水が田畑を潤し草木も芽吹きはじめ、春がそこまで来ていることを感じられるようになります。昔から...
二十四節気「立春」七十二候東風解凍(はるかぜこおりをとく)黄鶯睍睆(うぐいすなく)魚上氷(うおこおりをいずる)
気がつけば1月も終わり、2月。皆さんのおうちでは恵方巻の丸かじりをしましたか?我が家ではここ最近は1本ではなくハーフサイズを買うようになりました。節分が終わると暦の上では「春」に移っていきます。私たちもそろそろ活動を始めましょう。 二十四節...
二十四節気「大寒」七十二候款冬華(ふきのはなさく)水沢腹堅(さわみずこおりつめる)鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)
二十四節気「大寒」 「大寒(だいかん)」は、寒さが最も厳しい時期という意味。2022年の冬は本当にこの通りですね。また、1年の最低気温を記録することが多いのもこの時期です。 大寒の頃に味わってもらいたい食べ物 大寒の時期にぜひ味わっていただ...
二十四節気「小寒」七十二候「芹及栄(せりすなわちさかう)」「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」「雉始雊(きじはじめてなく)」
七草がゆで一年の健康を願う 春の七草とは、平安時代より元旦明け七日目に、無病息災を願い「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」を刻みおかゆに混ぜて食べると、一年の邪気を払い、万病を除くとされています。七草にはミネラ...